伝授されたイタリアのパン


1998年、イタリアで二代目が
本場の製造技術を習得した記事は、
イタリア全国紙と、また、シシリア島の新聞にも
大きく取り上げられました。


(左から二番目が二代目、右から二番目は
今年8月に逝去された、パンニュース社 西川多紀子会長)





地元、福井新聞には、1995年に福井県鯖江市で開催された
世界体操鯖江大会に合わせて世界各国の選手の方々に
本場の古里のパンを食べてもらいたいと長年取り組んできた
パンへの情熱と、それからも続く
本場のパン作りに懸ける想いが綴られています。



そして、パンを納入させていただいた
イタリア大使館より、激励のお言葉を賜りました。



 


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ヨーロッパンキムラヤ

ヨーロッパンキムラヤ

JUGEMからのお知らせ

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM